• エレベーターは老人やベビーカーが優先です

    • 世界各国と比べて日本は土地の面積が広い方ではありません。特に東京や大阪といった大都市では建物が所狭しと密集して建っています。

      こういう密度が高い場所で、売り場などのスペースを多く確保すするためには建物を階層構造にするしかありません。


      例えば、一階だけでは40平方メートルであっても、10階建てにすれば総面積は400平方メートルになります。総面積が狭いと集客が少なかったり、十分な商品数をディスプレイできないので、ほとんどの建物では階層構造にしています。
      その構造に欠かせないのがエレベーターです。
      エスカレーターも当然導入が進んでいますが、3階以上の建物であればほとんどの場合は両方設置されています。
      客はどちらを利用するか自分で判断します。

      一般的には3階以下であればエスカレーターを使用することはあまりないです。ただし、ベビーカーや老人は2階であっても使用します。後は乗る人数や待ち時間に依存することが多いです。
      最近はすいていれば、若者であっても使用することが多いです。
      しかし、エレベーターでは老人やベビーカーを優先するというモラルはしっかりと学ぶべきです。

      そういう譲り合いの心が無ければ、安全に使用することは難しくなります。


      有事の際には途中で停止することもありますが、その際はパニックならないことが肝要です。


      パニックになってしまうと二次災害に繋がるので落ち着いて、アナウンスに従って対応することが大切です。エレベーターにはそういう事態に備えて安全装置が設置されています。

      日本の都市部にはもう土地が余っていないため、階数を高くすることによって建物の総面積数を確保する傾向が強くなってきました。
      そのため、2010年以降に都市部に建てられるエレベーターは10階以上の場合が殆どです。


      この変化に伴い、大きく発展した技術があります。
      それはエレベーターの開発に関係する技術です。

      昔のものは最上階から降りて地階に到達すると停止する、もしくはその逆の動作を行うシンプルなものでした。
      今でもそういうタイプはありますが、大きなビルなどの施設に据え付けられるタイプはそういうものではなくなりました。何台もお互いの動きを見ながら連携して動作するソリューション型のエレベーターが主流になってきたのです。


      これは短時間で多くの利用者を運ぶために必須の改良でした。速度を出すことももちろん重要ですが、運ぶ人数や止まる階を調整することにより効率化を実現する傾向が強くなってきたのです。
      最近では50人以上を一斉に運ぶタイプも存在します。アトラクションのあるアミューズメントパークや展望台などでよく見受けられます。

      こういった大容量のタイプはあまり高速で動きすぎると慣性が働いて危険であるため、特に安全が重視されています。

      乗っている人数が多いため、もし緊急停止が起こった場合に備えて、通常以上の備えが必要になります。例えば、酸欠になるのを防ぐために、酸素を流入させる機材がエレベーターの上部に取り付けられています。

      共立の絶縁抵抗計に関してわかりやすく説明しております。

      アルカリ洗浄液情報もきっとあるはずです。

      給湯器の故障全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

      最近のデスケーラーの情報がてんこ盛りのサイトです。

      今までになかったガスコンロ三重の知識が身につきます。

      http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1222934137

      http://www.mbs.jp/news/kansai/20161110/00000053.shtml

      http://girlschannel.net/topics/608916/

  • 関連リンク

    • 高層マンションのエレベーターについて

      最近は高層マンションに人気が集まっています。地上30階建て、40階建てと言った高層階の部屋に住む人と言うのは、毎日眺望を楽しむことが出来るなど魅力的に感じる人も多いものです。...

    • エレベーターの設置義務と利点について

      10階建てのマンションには必ずエレベーターが在りますが、建築物は5階建てを越えた場合は、エレベーターの設置が在るかどうかの違いが在ります。一般的に、5階と言うのは設置が必要になるか否かの境界線でもあり、6階の建築物には設置が行われていても、5階の建築物には設置が行われていない場合が在ります。...